2005年07月21日

あの神田昌典さんも使っている・・・2

今日のランキングは ?

  

バナーアイコン

 

 


今日もいい天気ですね

 

それでは、早速ですが前回のつづきです。

 

私がどのようにマインドマップを活用しているかと言うお話でしたが...........

 

 

私は主に、一度読んだ本の復習のために目次代わり

使っています。(もちろん全部ではありませんよ ^^;

 

タイトルを中心にして目次の章をキーワードにしてマインドマップを

作り表紙の裏に貼っておきます

 

そうすると復習で本を読むときに全体が一瞬で思い出せるんです。

また、自分が知りたいところも直ぐに見つけだすことができます。

(これはかなり役に立ちます!!)

 

 


それと持っている本の地図をマインドマップでつくっています。

 

 

本を中心にして、お金、経営、マーケティング、哲学といったキーワードで

カテゴリーを分けその下に書籍名を書いていきます。

 

この方法を使うと必要なときに必要な本が即座に取り出せます。

またマインドマップを見ることでこれだけの知識が自分の中に既にあるのだなー

とちょっと安心したり、自信を持ったりできます ^^。

 

 

あとはセミナーの概要をマインドマップにまとめます。

 

 

つまりアウトラインですね。

 

 

内容は時間がたつと忘れてしまいますのでちょうど忘れそうなタイミングで

 マインドマップを見つめます。それを何度が繰り返しますと習得するのが加速されます

 

それだと時間もかからないですし一枚の図をみればいいだけですので

 とっても簡単。(しかもつづきます)

 

 

 
私が思うのは、既に知っていると意識できる環境をつくると
不思議とできたり、自信が出てきたりするんですよね!
(私だけかもしれませんが・・・・^^;)

 

 

 

先にも挙げましたが

 

神田昌典さん
岡本史郎さん
佐藤昌弘さん

 

 

以上のマーケッターも事業計画を造る時などに使っているそうですよ。


参考になれば幸いです。


pottz at 12:37│Comments(13)TrackBack(3)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ミヒャエル・エンデ(「はてしない物語」の作者)  [ 偏毒(偏読書)のススメ 1日1冊^^; ]   2005年07月21日 23:30
パン屋のお金とカジノのお金はどう違う?著者:廣田裕之お勧め度 ★★★★★(是非、是非読んでください。^^)著者は、大学院に通っていたときにこの本を書いたみたいです。この本のアマゾンでの書評はとても良くないですね^^。確かに書評にあるとおりこの本は「『利子
2. マインドマップの活用  [ オールミーンズのIT!ココだけの話 ]   2005年07月22日 01:04
今日はまるまる一日、プレゼン資料の作成を行っていた。 先週末に打ち合わせ内容を元に今後の課題や提案などを書こうとしたんだけど3連休もあり頭の中がごちゃごちゃになっていたのです。 「なんか、嫌になってきた・・・」 とか思ったが、 「ダメだ!やるぞっ!」
3. 読書  [ 人生の達人になりたい ]   2005年07月24日 01:59
読破 最近、気になっていたマインドマップ系の本を購入。 そして、読破。 どちらかと言えば、いっぱいマップを描くのが近道か?

この記事へのコメント

1. Posted by お客様獲得への第一歩 ふなき あきら   2005年07月21日 12:55
pottzさん
こんにちわ。

本の内容をマインドマップでまとめることは
とても良い考えですね。

私はずらずらと箇条書きで本の内容をまとめていますが、
視覚的に訴えかけてこないんですよね。
今度私も本の地図を作ってみようと思います。

ありがとうございました。
2. Posted by 常識ハカイダー★島中星輝   2005年07月21日 13:23
なるほど〜!本の概要をまとめる時に役立ちそうですね。
それから、私はセミナーに行ったときによくマインドマップでまとめていましたね。
でも、講師によって作りやすい、作りにくいというのが出てきました。
私のマインドマップ製作能力がまだ低いからかな?
3. Posted by smooth@マインドマップ書評   2005年07月21日 14:00
トラバありがとうございました。

私も読書の際のまとめの他、セミナーでもマインドマップでメモ取ってます。

書評はPCの前でできるので、フリーのソフトでキレイに(?)仕上げられるものの、
セミナーは思いっきり手書きなもんで、他人様には見せられません(汗)。

ちなみにブログの記事でマインドマップをあげたセミナー
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/25520015.html
って、鮒谷周史サンの泊りがけセミナーだったんですが、
鮒谷サン自身もマインドマップのメモを元に講義されてました。
4. Posted by pottz   2005年07月21日 20:44
ふなきさん

コメント有難う御座いました。
ほんの地図はおすすめです。

少し時間がかかりますが・・・。
ぜひお試しください。

5. Posted by pottz   2005年07月21日 20:46
島中さん

コメント有難う御座います。
そうですね。セミナーは全部やると大変なので

要点だけをマインドマップすると
いいですね。そして後から必要なことを付け加える
という感じで!


6. Posted by pottz   2005年07月21日 20:49
smoothさん

コメント有難う御座いました。
あの鮒谷さんも使っていましたか!

やはりこれは相当なスキルなんですね!
もっと勉強せねば・・・。

7. Posted by 納豆   2005年07月21日 21:29
pottzさん、こんばんは。

本の内容をマインドマップでまとめるっていうのは本当に参考になりました。

ありがとうございます。

わたしも箇条書きで抜粋してノートにまとめてたりしていたので。

やはりマインドマップで書くと、脳にダイレクトに響いてくるんでしょうね。





8. Posted by てつ   2005年07月21日 23:31
こんばんは
てつです。

TBありがとうございました。
僕は、本を読んだ時と、自分が本当は何が好きか?といったような、心を整理する時にマインドマップを書いています。
また遊びにきます。僕のブログにもまた、遊びにきてください。それでは
9. Posted by ニシワキ(成果150%の話し方セミナー)   2005年07月22日 00:43
こんばんは、ニシワキです。

なるほど、確かに、本の内容の
マインドマップを作ったり、
持っている本のマインドマップを
作ったりすれば、理解が深まりそうですね。

しかし、沢山本もってるので、
作るの大変だなぁ(笑)。
ちょっと、チャレンジしてみます。

それでは。
10. Posted by pottz   2005年07月22日 08:55
納豆さん

いつもコメント有難うございます。
ノート代わりに使うと効果があると思いますよ。

はじめは、目標とか大きなことをマップにすると
以外にいいかもしれません。




11. Posted by pottz   2005年07月22日 08:57
てつさん

コメント有難う御座いました。
13の気づきのマインドマップ見事ですね!

私もこの本は読みましたがまだマップはできていません^^;


今後とも宜しくお願いいたします。


12. Posted by pottz   2005年07月22日 09:00
ニシワキさん

コメント有難う御座いました。

確かに本が沢山あると大変ですね^^;

A4ではなくA3の紙に書くといいかも知れませんね(笑)

13. Posted by クレーム対応の処方箋☆やまてん   2005年07月22日 15:27
マインドマッパー歴4年のやまてんです(笑)

あるテーマに対して、あらたな考え等を掘り起こすときによく使ってます。
本の内容かぁ...これには使ってなかったなぁ
付箋ばっかり(笑)

参考になります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オレ流起業で年収3倍稼ぐ をお気に入りに!
Profile
Pottz (ポッツ)
1社目の会社は不況の煽りをうけて倒産。2社目のベンチャー企業ではCOOを勤めるが経営上の問題で突然の解雇。お先真っ暗、「オレの人生どうなるの?」その言葉が頭の中を駆け巡る。ショックでしばらく引きこもり つらい時期を過ごすが再び立ち上がり3度目の正直で念願の外資系に入社年収1000万円を達成し見事復活!

さらに新たな目標を見つけ会社設立に向けて奮闘中。


将来の夢はスモールビジネスを多数所有アメリカと日本にオフィスを構え2国で活躍すること

【年齢】   34歳
【性別】    男
【出身地】  福岡県 
【職業】 大手外資系ソフトウェア 会社
     セールスコンサルタント


【勤務地】 東京都 恵比寿
【好きなこと】波乗り
  
     英語:英会話 海外雑誌

     ファッション:Deisel

【好きな言葉】Life is Very Good !

【certifies】
NLPマスタープラクティショナー
     TFT セラピスト
     フォトリーダー


【Mission】人に喜びと勇気を与え        人生のすばらしさを伝えること


ご紹介

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。